\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ

「急な出費でどうしても今すぐ現金が必要。」
「給料日までお金もないしどうしよう。」

当サイトでは、今すぐお金が必要な人に即日キャッシングができるところをご案内。すぐ借りたい人におすすめの最速で借りれる消費者金融です。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日キャッシング可能業者ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホを使ったネットでのお申し込みは、手間がかからず誰にも見られず内緒でできます。郵送物なしで借りたいならプロミスの他にモビットのWEB完結も評判です。

借り入れの基礎知識コラム


私の話なのですが、二つの消費者金融でカードローンを組んでいる状態です。



内訳は、十万と二十万ずつです。二社合わせて毎月二万円ずつ返済しています。
ですが、両社とも最大利子での貸付のため、どれだけ返済しても、利子を含めた返済額が少しも減らないのです。他の消費者金融で借り換える事も考えたのですが、どの消費者金融でも、審査の段階で断られてしまいました。


そこまで高額の借入では無いのですが、初めてのカードローンで今は後悔しています。



キャッシングとカードローンは違いがわかりにくいですが、ちょっとだけ違います。どこが異なっているかというと返済の仕方が異なるのです。



キャッシングの際はカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を購入した後、翌月一括返済というパターンになりますが、カードローンになると、返済する方法が分割になりますので、こちらには利子がついてしまうでしょう。上手にキャッシングを活用するポイントとして、各サービスを比較する必要があります。



ほとんどのサービスには、異なる利率が適応されていますし、対応したATMの数にも差があるでしょう。
金利の比較はもちろん、長期にわたってキャッシングを利用する際には、借入返済がしやすいというのも考慮する必要があります。利用したいキャッシング業者をホームページの情報などから比較しておけば、都合の良いサービスに巡り合えるでしょう。

個人で何らかの事業をしている人が必要に迫られてカードローンを使用するなら、どこかに雇用されてる人とは違って、収入が定期的にあるとは評価されにくく、どれくらいの借入額であったとしても、年間収入を示す書類を提出することが必須となります。これは税務署での提出印がある確定申告書や所得証明書のほかに、役所で交付される住民税決定通知書や、課税証明書など、前の年の年収が記録された書類を求められるでしょう。


申し込んだその日のうちにキャッシングを済ませなくてはならないというご希望をお持ちの場合にはまず最初は当日中の融資をおこなっている会社をチョイスしていかなければなりません。

たくさんの業者のうち、有名ドコロを選べばほぼ100%取り扱いをしていると考えて良いでしょう。
借り入れしたいと思ってから時間をあけずすぐにWEBや来店、電話など最適な手段で申請を進めて、何かしらのトラブルを起こさず審査が完了することでその日のうちに現金を手にすることが出来るようになります。


たとえ祝日や休日でも、キャッシングならばお金を借りることができます。消費者金融はサービス業としての側面が強いので、カレンダー通りに動くわけではありません。

年末年始は休むところも多いですが、ほとんどの業者は、年中無休の9時から21時の営業時間になっています。
言うまでもありませんが、営業時間内であれば、新規契約の申し込みも受け付けていますから、休日にお金が必要になったとき、時間帯によっては、日を跨ぐことなくお金を借りられます。突然色々な予期せぬ出来事が起こり多額の現金が出来るだけ早めに手元に必要になる場合があるかと思いますが、そのような時は即日・当日に対応できるキャッシングサービスがなんとも心強く、非常に使えます。支出に関して聞いたところによると、年末の忘年会やお世話になった方々へのお歳暮そして、年初めには子供たちへのお年玉の用意もあり、いくらお金があっても追いつかない!といった出来事もよく耳にします。そういう時にこそ、キャッシングを使用すると不安な事が解消されるのでとても安心できます。キャッシングを利用しているときに転職し、申し込みの時と勤務先が変わった場合などは、すぐにキャッシング業者に連絡し、そのことを伝えてください。
住所や電話番号の変更も早急に連絡してください。


転職したことが原因で、すぐにキャッシングの利用停止措置がとられるという話は聞いたことがありません。何の連絡もしないまま、後からそのことが業者に伝わった時の方が問題になる可能性が高いので、申請内容に変更が生じた時には、速やかに連絡するようにしましょう。キャッシングはなかなか勇気のいる決断でしょう。たとえ財布のひもがきっちり結んであっても、想定外のトラブルに見舞われてしまい、急いである程度の金額を揃えなければならない事態に直面することはよくある話です。
急いでお金を用意しなくてはいけないのに、頼れる人がいない。
このような場合に利用したいのがキャッシングなのです。



日々の生活の不安を無くすためにも、融資は受けずに申し込みだけ済ませてしまうのもおススメです。

こうしておけば、手続きや審査に慌てることなく融資を受けられるので、精神的な安心感が違うと思います。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス